読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無量一読

わりとなんでも読む読書中心の感想ブログ。

銀と金 6〜10

コミック

 

銀と金 新装版(10) (アクションコミックス)

銀と金 新装版(10) (アクションコミックス)

 

 

 

〈感想 ▲〉

新装版銀と金、6巻〜10巻です。5巻の麻雀から続いています。これが1993年の物語なのが信じられないです。

蔵前に勝利し、500億と政治家達の借用書を貰い受けるところから始まります。裏社会で活躍していた銀ニの目的も明らかになります。

一方で、政治がらみで動いていた銀二とは違い、森田は田中という看護師と一緒にある老人を救出することに。

この神威家の一件は、これまでの直接的なカネがかかったやり取りとは一味違う感じで面白かったです。森田が引退を決意したのは少し切なかったですが。

神威家の惨劇から一年半後、舞台は競馬場に変わり、新たに銀二サイドのキャラクターに川松良平という男が登場。

銀二の策は、本当に良く出来てるなと思います。打倒JSA(日本優駿会)を掲げた宴のあとの説明などは、今の世の中でも大変しっくりきます。

森田の独壇場であった神威家のエピソードがドロドロしていただけあって、競馬の方は爽やかで良かったです。一度競馬場に行って馬券を買いたくなります。