読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無量一読

わりとなんでも読む読書中心の感想ブログ。

魔法少女育成計画(9〜10話)

本以外の感想

 

魔法少女育成計画 Blu-ray DISC 第4巻

魔法少女育成計画 Blu-ray DISC 第4巻

 

 

 

魔法少女育成計画、9話から10話。この2話でごっそり減りました。

これまでもそうでしたが、サブタイトルがちょっと変化球っぽくて好きです。次回のサーバーメンテナンスとかですね。

しかし好きなキャラクターが退場しても最後まで見てしまう、そんなアニメです。

 

 

 

9話「ルール変更のお知らせ」

リップルとトップスピードを殺すとするカラミティ・メアリが無差別殺人に踏み切り、人命救助にやって来るスノーホワイトとハードゴアアリス。一方でヴェス・ウィンタープリズンを失ったシスターナナは自殺。

人間時を知っているせいか、カラミティ・メアリの挑発シーンが年齢差による何かに見えて仕方ありません。

リップル・トップスピードとカラミティ・メアリの戦闘はカラミティ・メアリが敗れることで終わりますが、その後乱入したスイムスイムによりあっさり殺されてしまいます。

困っている人の声は魔法少女であっても聞こえるスノーホワイト、これは10話でも活かされている設定でした。

原作読んでいるときも仕様変更で枠が8人から4人になったときはふざけるなと思ったものです。アニメはファヴの声が可愛いのでなおさら。

 

10話「乱入イベント確変中!」

今回はハードゴアアリスの人間の状態が出てきますが、父親が母親を殺したという罪状で刑務所に入っており、もうここへは来るなと言ってきます。魔法少女になって笑顔を見せる場面と、スマホ画面の魔法少女のイラストがかわいい……

もっともピーキーエンジェルズの片割れのミナに住所を割られ、スイムスイムが殺しにきて退場してしまうのですが。

スノーホワイトが死に際のハードゴアアリスの声を聞き、駆けつけた場面はうるっとしました。

一方でスイムスイムらは前回の一件でまったく出てこなかったクラムベリーに接触。

しかしたまは石を投げられ怪我、クラムベリーの魔法で正体を見破られたミナエルは瞬殺と、まあ容赦ない。

アニメを見てから株が上がったキャラがいますが、ハードゴアアリスは特に顕著です。次回で最後、アニメ全体のまとめ感想は年末あたりに書く予定です。