読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無量一読

わりとなんでも読む読書中心の感想ブログ。

イノサン Rouge 4

コミック

 

イノサン Rouge ルージュ 4 (ヤングジャンプコミックス)
 

 

 

このジャケット見たらビビるのも致し方ないと思うんですよ、これまでのシリーズのものを見慣れていれば特に。

とはいえ、内容はいつもの「イノサン」です。

革新的とも思える表現が毎回随所に散りばめられていて面白いですね。

 

前巻にて国王の座に就いたルイ16世。一方でマリー・アントワネットは贅沢三昧な日々に耽り、国庫を破綻させる勢い。

なぜか違和感のないTwitterの印象が強烈過ぎました。プロフィール欄といいヘッダーといい、いかにもその年齢のマダムという感じです。

しかし想像してみると、他の比喩をしてもこれ以上合致したものはないのではと思えてくる不思議さ。ジャンヌが少々不憫ではありますが、これがのちの首飾り事件に発展するのかと思うとそうも言っていられません。

マリーとアンラジェの戦いも面白かったです。胸があらわになってもまったく動じないあたりがマリーらしいです。

バチストが亡くなっていたり、漫画の中で経過する時間がとても早く感じられます。

フランス革命に向けて確実に準備が進められているようで、読みながらビクビクしていましたが、次巻が楽しみです。