読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無量一読

わりとなんでも読む読書中心の感想ブログ。

魔法少女育成計画(5〜6話)

本以外の感想

 

魔法少女育成計画 Blu-ray DISC 第3巻

魔法少女育成計画 Blu-ray DISC 第3巻

 

 

 

魔法少女育成計画、5話と6話です。クラムベリーのラスボス感半端ない。

早いものでここまでが前半、6話までに脱落者が4人出ました。

残る12人で8枠を奪い合うということですが、結末を知っていても映像だと迫力があってビビリながら見ています。

 

 

 

第5話「新キャラ追加しました!」

16人目の魔法少女、ハードゴア・アリスも本格的に参加してきました。何より5話は森の音楽家クランベリー魔法少女であるのに武闘派というギャップがたまりません。

人間時の姿も登場したシスターナナとヴェス・ウィンタープリズンがクラムベリーと戦うキャラクターでした。採石場という魔法少女らしくない場所が舞台なのはこのアニメの良いところです。

ファヴとクラムベリーの関係性もちらほら見え始めました。元がソーシャルゲームというのを忘れそうになる黒さです。「運営への抗議文章」という単語のとてつもない生々しさ……

シスターナナが現金でマジカロイド44の道具を買収していた場面も、明らかに某作品のオマージュで笑いました。

一番好きなのは鉄塔の上でスノーホワイトラ・ピュセルが背中を向け合いながら話すところです。あとカラミティ・メアリの「OK?」。

クラムベリーが次に相手に選んだのはラ・ピュセル。二人の戦いの行方は次回に持ち越し。

 

第6話「激レアアイテムをゲットしよう!」

アバンはマジカロイド44の人間時の物語。まったく本人の希望の外で魔法少女になったキャラクターもいたと……

ラ・ピュセルとクラムベリーの戦闘シーンはとても動きが激しく、その上魔法もきっちり使っているので見応えがありました。ある意味平和な深夜アニメばかりみていたせいか流血シーンは絵柄も含めて大丈夫かと思いました。

ラ・ピュセルの回想はぐっとくるものがありましたが、ぐっときてもこのアニメにおいては死亡フラグ以外のなんでもありませんでした……

そして今回のサブタイトルの激レアアイテムというのは、戦闘向きではない魔法少女の救済措置として5つのアイテムが発売されるというもの。もともと無課金だったゲームで、金はかからないけど寿命は削れるという内容。

そして6話ラストでマジカロイド44が脱落。ラ・ピュセルともども出血場面がすごいアニメですね。あとカラミティ・メアリのシーンは作画が綺麗でした。

 

 

6話でCMが流れていましたがキャラクターソングが出るようです。原作のイラストもそうですが絵柄は本当に可愛いアニメなんですよねえ……