読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無量一読

わりとなんでも読む読書中心の感想ブログ。

魔法少女育成育成計画 16人の日常

ライトノベル

 

魔法少女育成計画 16人の日常 (このライトノベルがすごい! 文庫)

魔法少女育成計画 16人の日常 (このライトノベルがすごい! 文庫)

 

 

 

ジャケットの人選がこの二人であることにどこか感慨を感じます。

現在放送中のアニメ「魔法少女育成計画」には16人の魔法少女が登場しますが、その16人がメインの短編集がこちらになります。

本書には「ネタバレメーター」というものがあり、何話を見た時点で読むと良いと言うのがそれぞれ示されているのですが、原作既読なので今回は一気に読みました。

 

それぞれメインとなる魔法少女が異なる11話が収録されています。

アニメを見た後だからでしょうか、セリフが自然とアニメの声で再生されます。特にルーラ。

5話の時点で殺伐とした雰囲気が出まくっているからか、やっぱりマジカルキャンディー争奪が始まる前ののほほんとした日常話がいいですね。

1話の変身バンクで感動していたような具合なので、それぞれの面子が決め台詞を考えるという「魔法少女のお約束」は面白かったです。しっかり便乗しているカラミティメアリが可愛かった。あの口上好きなんです。

あとは好きな魔法少女ラ・ピュセルということもあり「女騎士の孤独な戦い ディレクターズ・カット版」も面白かったです。

そのほか、元同僚のペースにのまれるルーラ(人間版)、ピーキーエンジェルズの人助け、シスターナナとヴェス・ウィンタープリズンのなれそめ(?)など盛りだくさんでした。

次巻は12月発売だそうです。原作もどんな展開になっていくのか非常に楽しみです。