読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無量一読

わりとなんでも読む読書中心の感想ブログ。

魔法少女育成計画(3〜4話)

本以外の感想

 

魔法少女育成計画 Blu-ray DISC 第2巻

魔法少女育成計画 Blu-ray DISC 第2巻

 

 

 

魔法少女育成計画、3話から4話の感想です。

魔法少女達が資格剥奪後どうなるかを悟り、マジカルキャンディーの抗争が本格化する中、二人目の脱落者は誰になるのか……というのが今回の内容。

魔法少女達の日常生活での風景が出てくるのもとてもいいですね! 本編を読んでいた時、気になっていたところでした。原作との変更点もあり面白いです。

 

 

 

第3話「バージョンアップのお知らせ!」

ねむりんの生きていた記録を残そうと、シスターナナとヴェス・ウィンタープリズンは過去ログを漁りますが、偶然見つけたファヴとクラムベリーの会話から、魔法少女の資格を剥奪=生物として死ぬ、というのが判明します。

名深市(この作品に登場する魔法少女は同じ市内在住)で24歳女性の変死死体が見つかったというニュースをリップルが見ています。

スノーホワイトラ・ピュセルの会話シーンで試験の話をしているところにリアリティが……この時はまだそれほど殺伐としていませんね。

一方でルーラは、たまの能力で穴を掘りゴミを埋め立てることでマジカルキャンディーを埋める作戦。仲が悪そうに見えて意外と良さそうです。

なお、今回のバージョンアップはマジカルキャンディーの譲渡機能。

徐々に派閥が出来上がっていく中、カラミティ・メアリがマジカロイドに銃口を突きつける場面はぐっとくるものがありました。

 

 

第4話「フレンドを増やそう!」

マジカルキャンディーの譲渡機能追加によって、ルーラはピーキーエンジェルズやスイムスイムら配下にキャンディーをたくさん持っている魔法少女を襲わせ、奪い取る作戦に出ます。

ルーラが現実世界では周囲を見下すOLであることなどが判明しますが、花見の場所取りをしながらソーシャルゲームをしている姿が……

ピーキーエンジェルズの襲撃を受けたラ・ピュセルが応戦する中で、ルーラの魔法によって身動きが取れなくなったスノーホワイトはマジカルキャンディーを奪われてしまいます。ここは原作読んでいた時もいい流れだな〜と思いましたね。

配下達の裏切りによってスノーホワイトのマジカルキャンディーは他の魔法少女達にも分配され、結果的に一番少なかったルーラが脱落者となり死ぬことになってしまいます。元配下達にボコられたような形跡もあり。

スイムスイムがねむりんにとって最後の夢の少女だったというのが辛いです……まだまだ波乱の予感。