読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無量一読

わりとなんでも読む読書中心の感想ブログ。

海と毒薬

日本の文学

 

海と毒薬 (角川文庫)

海と毒薬 (角川文庫)

 

 

 

角川文庫版を読んだのですが、読んだジャケットのもののリンクが無かったので、こちらのリンクを掲載しておきます。

重苦しい日本文学、という筋で探してみたところ、思い当たったのがこの一作でした。

どこが小説でどこが文学かは、大体その作品が発表された年で区別しているのですが、終戦直後くらいまでが文学かなと、個人的には思っています。

 

九州大学生体解剖事件という、大戦末期に捕虜の米兵に対して行われた生体解剖実験が元となった作品です。相川事件とも呼ぶそうです(※ 大学が組織的に関わった事件ではありません。)。

内容は非常に重いはずですが、読みやすさが逆にそう思わせるのが、わりと淡白な作品に感じました。

全体に漂ういつ来るかわからない戦闘機の存在も、独特な雰囲気を作っています。

事件について知るよりも、行為に対する良心の呵責について考えずに入られなくなります。特に最後の問答ですね。

「罰って世間の罰か。世間の罰だけじゃ、なにも変らんぜ」の言葉がとても印象に残りました。

読了後も尾を引くような重苦しいですが、忘れられない作品になりそうです。