読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無量一読

わりとなんでも読む読書中心の感想ブログ。

少年の名はジルベール

「読む」本

 

少年の名はジルベール

少年の名はジルベール

 

 

 

最初にことわっておきたい点が、私自身は竹宮恵子さんの名前や著作は知っていても漫画自体を読んだことがないという点です。更に萩尾望都さんも同様です。

この本は著者の自伝であり、広告等を見ていて手に取ったという次第。

風と木の詩」「地球へ…」などが有名な作品です。タイトルのジルベールは「風と木の詩」の登場人物の名前です。

 

この本は講談社集英社小学館のそれぞれの担当編集者から呼びだされたところから始まります。

序盤で増山法恵さんに「風と木の詩」の構想を話すところなど、数行しかないのに引きこまれます。

昔の少女雑誌事情は、それこそ「少女の友」へ遡らないとわからないような調子でしたので、当時の少女漫画の封鎖的な事情が知れてよかったです。

少女漫画界に革命を起こすと決意し、大泉サロン立ち上げ、そして別れるまでの流れは一気に読みました。

葛藤なども明白に綴られており、これほどにまで意識できる方が傍にいらっしゃるというのは、実はとても恵まれた環境なのではないかなと思います。

今の少女漫画界隈は、自由奔放であると思います。そこに至るまでには、この本に書かれているような熱い戦いがあったということであり、著者のファンという立場から入ったのではない読み手の私は特にそこに注目して読んでいました。