読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無量一読

わりとなんでも読む読書中心の感想ブログ。

おそ松さん 6つ子のお仕事体験ドラ松CDシリーズ トド松&十四松「警察官」

おそ松さん

 

おそ松さん 6つ子のお仕事体験ドラ松CDシリーズ トド松&十四松「警察官」

おそ松さん 6つ子のお仕事体験ドラ松CDシリーズ トド松&十四松「警察官」

 

 

 

下期の最初の更新ですが、感想はドラマCDです。

ドラ松CDシリーズ5巻目は、十四松とトド松の警察官です。一方が警察官、もう片方は容疑者です。

おそらく一番かわいい組み合わせ。他の組み合わせと比べるとちょっと少ない気がしたので、楽しみにしていた5巻です。

トド松のチョロ松よりどこか優しいツッコミと、十四松のどこまでも飛んで行くツッコミが面白かったです。

 

 

 

「もしもトド松が警察官だったら」

公園で鳩の餌のパンくずを食べたために捕まった十四松と、警察官のトド松が1トラック目。なごみの関係で警部補かと思いきやちゃんと刑事でした。

リリアンに昭和感を感じざるを得ませんでした。忘れかけていますが、昭和のアニメですね。好きな芸人ネタがあってにやっとしました。タカとトシ。

本編でもトド松がツッコミ役になっている場面はあるのですが、相手がトド松だからか、警察官という役柄だからか、冷静でどこか丁寧です。

微笑ましいと思いながら聞いていたので、最後の超展開にはびっくりしました。

兄弟の関係性は各ドラマCDで違うのですが、まさか生き別れの兄弟の設定を持ってくるとは思いませんでした。

最後の決着の仕方といい、大変十四松らしかったです。

 

「もしも十四松が警察官だったら」

目があったからという理由で捕まったトド松と、ほめられるとチョロい十四松の警察官です。

十四松がとても可愛かったです。やはりこの二人だとトド松の方がやや上手ではあるのか、上手いことかわされて煮え湯を飲まされていました。

前巻でカラ松が言いかけていた(おそらく)あの人の役名にはちゃんとピーが入っています。剃りこみの入った相棒がよく分かりません。

全体的にキャラクターの珍しい一面が多く見られる回のように思えます。

トド松の対応の仕方がドライモンスターだからか、エロい場面が全然エロくありませんでした。ここ二人らしいなと思います。

 

「フリートーク」

十四松役の小野さんとトド松役の入野さんによるフリートークです。もう一人別のお方の声が入っていて脚本の無い感じがとてもありました。

12話のオーディオコメンタリーの雰囲気もほのぼのしていて良いなあと思っていたのですが、あの空気感でした。

7話でトド松がパフェを出した件について言及があったのが嬉しかったです。この場面に対する入野さんのコメントもトド松っぽくて良かった。

トド松は可愛いのが良い所です。なんだかんだで絵柄が可愛いアニメです。トド松はやっぱり友達止まりになってしまうんですかね……ちょっと良く分かりません。

 

 

この二人は好きな組み合わせなので、とても楽しく聞くことが出来ました。

ドラ松も残すところあと2巻、次回はカラ松とトド松とトト子によるホスト。8月が何かとバタバタしているので、9月上旬くらいに聞けたら良いなと思います。