読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無量一読

わりとなんでも読む読書中心の感想ブログ。

クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃

本以外の感想

 

 

 

 

リンクはBlu-ray・DVDがリリースされたら貼ろうと思います。

大体偶数年に見に行っているクレヨンしんちゃん映画、24作目はシリーズ初の夢が舞台の作品です。

ヒロインの貫庭玉サキがしんのすけら子どもと同世代、ポスターがポップなので子供向けかと思いましたが、わりと大人向けに寄せてきた内容に感じられました。

現在放映中の映画ですので、ネタバレ防止もかねて折りたたみ記事にします。

 

 

 

 

突如春日部市に蔓延しだした集団悪夢シンドロームとユメミーワールドの謎を解明すべく、野原家、ならびにかすかべ防衛隊が立ち上がるという内容になっており、今作ではどちらも活躍します。

ヒロイン枠が同年代というのも珍しいですが、かすかべ防衛隊に(ほぼ無理やり)入隊させられるというのも珍しい。

サキ役の川田妙子さんといえばイメージは「フルハウス」のミシェル。またかわいらしい……

転校生の貫庭玉サキは非常に突慳貪な性格で、同じ幼稚園の園児達をバカみたいと見下しているのですが、それには訳があり、母サユリを事故で亡くしてからというもの悪夢を見るようになったサキを守るため、父親の夢彦がユメミーワールドでユメルギーを回収してサキを保護、吸い尽くしたら引っ越し……というのを繰り返していたからでした。

前作とは違うベクトルで、必ずしも悪ではない悪役なのがとても好感触でした。

個人的に好きなのが、サキとネネの関係性。こういう関係もなんだかいいなって思いました。

大人に寄せたなと思ったのが下ネタ関係と、大人でありユメルギーが貧弱なひろしとみさえがユメミーワールドで自由に動くためにとった行動。

私としては大爆笑ものでした。今回はネタの範囲が広いです。

サキの悪夢を消すために、伝説上の生き物「獏」を探すも、出てきたのは大和田獏だったりすんなりとは進みません。

そしてサキの見ている悪夢というのが、ビジュアルも雰囲気もかなり怖い仕上がりになっていて、見ていてゾクゾクするくらいでした。あれは怖い。

今作のゲスト芸人枠はとにかく明るい安村でした。出方といい例の音楽のタイミングといい、とてもはまりこんでいました。

最後ぐっとくる展開になっているのは、さすがはクレしん

悪夢の元凶がトラウマや自責だったり、親から愛情を感じられないという点では非常にヘビーな内容なのですが、家族で行って全員で楽しめる作品に仕上がっていました。