読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無量一読

わりとなんでも読む読書中心の感想ブログ。

累 7

コミック

 

累(7) (イブニングコミックス)

累(7) (イブニングコミックス)

 

 

 

ジャケットのかさねの雰囲気がこれまでとは違いますね。

それもそのはず、前巻で丹沢ニナが死亡したため、かさねは新たに顔の提供者を得たのです。

今回は星海社FICTIONSから出ている前日譚「誘」の内容も出てきました。

 

前巻の内容が暗すぎたせいか、今回は少々明るく感じました。

かさねは野菊と会っていた浜辺で再び再会、嘘を織り交ぜつつ接触し、野菊の顔を得ることに成功。

無論野菊はかさねへの復讐のチャンスを伺っているので、利害の一致ともいえます。

野菊が自分の顔を嫌いすぎているのが悲しいですよね。もともと野菊の悲劇に深く関わる部分なので、仕方ないとも言えるのですが……

男女の愛憎にまつわるドロドロがこの作品はすごいです。

野菊の顔を得たかさねは「咲朱」と名前を改め舞台復帰するも、丹沢ニナとしてバレないか不安が残る上、演じるのはかつて母が演じた「マクベス」。

読んでいる本の中に知っている作品が出るとテンションが上ります。

野菊が屋敷を焼き払う場面で、羽生田が過去のいざなと野菊を重ねあわせる場面が好きです。

これまで野菊を物としか見ていなかった天ヶ崎に心境の変化が起こったのも興味深いです。天ヶ崎、なぜか結構好きなキャラなんですよね。

いよいよ終わりの始まりという空気感が漂ってきています。