読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無量一読

わりとなんでも読む読書中心の感想ブログ。

花のズボラ飯 3

コミック

 

花のズボラ飯 3

花のズボラ飯 3

 

 

 

この漫画の続刊をどれほど待ったことか……およそ3年ぶりの新刊です。

2012年の「このマンガがすごい!」の女性部門第1位だった作品です。

料理系漫画で料理がおいしく書かれているのはもちろん重要ですが、食べているキャラクターが美味しそうに食べているかどうかも大事ですよね。

 

漫画の内容はいたってシンプル、夫が単身赴任中で一人暮らしの駒沢花が日々の食事の手間を省きまくってズボラ飯で乗り切るだけの物語。

私はマメになるところだけマメになる人間なので、ちょっとこういう生活には憧れがあります。

ページ数も1話あたり非常に少なく、同じ料理系漫画なら後発の「ワカコ酒」が似ているかなと思います。

1巻は妙にエロく感じる場面があったり、2巻は少々シリアス方面に進んだりしていましたが、3巻はノリが非常にコミカルです。

46皿目で絵柄がサザエさんになったところで爆笑しました。有名どころのパロディがたくさんあって楽しいです。

絵が良い意味でごちゃっとしてるとでもいいますか、絵柄が可愛いのも好きなところです。少女小説のイラストもゴテゴテ系が好きですからね。

軽くあっさり読める漫画で、既刊2巻はぼろぼろになるまで読みまくって一度買い換えたくらいなのですが、さすがにこれ以上の続きは出なそうな気がします。

やはり絵柄は好きなので、同作者さんの「ヤコとポコ」をそのうち読んでみたいと思います。