読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無量一読

わりとなんでも読む読書中心の感想ブログ。

おそ松さん(9〜10話)

おそ松さん

 

おそ松さん 第三松 [Blu-ray]

おそ松さん 第三松 [Blu-ray]

 

 

 

何はともあれ、おそ松さん第9話〜10話の感想です。だんだん文字数が多くなっていく。

もともとおそ松さんは次回予告がそれほど予告になっていないアニメなのですが、9話も10話も良い話でした。

しかし私の中では、5話以降少しずつ一松の株が上がっている始末。

感動回からの下半身露出、6話ラストの嬌声、7話の××未遂、そして今回はバットに括りつけられ十四松に振られまくる(むしろ自分から縛って準備する)と何かと奇行が目立ちますが、ここまで短期間に色々やられると今後どんなブレ方をしても受け入れられる気がします。

ブックカバーは次男と四男を予約しました。カラ松は文学系似合いそうです。

 

 

 

第9話「チビ太とおでん」「恋する十四松」

アバンは一松とおそ松のデリバリーコント、本当は気まずい鶴の恩返し。気まずい以外何でもないだけのジワジワ来るコントです。この二人の微妙な空気感好きです。

「チビ太とおでん」は、現時点ではデリバリーコントに一度も参加していないカラ松がツッコミ役の回。

チビ太のおでんにまつわる空恐ろしい話で、カラ松がさらっと丸刈りにされて笑いました。ギャグアニメもとい自己責任アニメなので次の話では戻っています。

このおでんを毎回六つ子は食べていたのかと思うと笑いが止まりません。

毎回なぜか下半身を露出させるキャラがいる気がしますが……

「恋する十四松」は、先週の段階で相手はもしや人外なのではとか思っていたのを謝りたくなるくらいに素敵な恋の話でした。

崖から飛び降りて自殺しようとしていた少女が、波打ち際で素振りをしていたら波に飲まれて死にかけた十四松を助けたところから恋が始まる、ってなにそれ少女漫画ですかという展開。またこの女の子が可愛いんですよね!

六つ子の中でもひょんなことからおそ松だけは彼女の素性を知るのですが、考えれば考えるほど重くなる内容で辛い……こればかりは深夜アニメの宿命か。

彼女に振られて十四松が屋台で号泣する場面は聞いていて辛くなる泣き声でした。

この直前に入る、十四松以外の五人とチビ太の喧嘩シーンが好きです。誰がどのセリフなのかよくわからないのが残念です。

おそ松は彼女の素性を知っていて、結ばれないだろうなと思いつつも十四松を応援していてあちこちにそれが分かる描写があり、泣ける話でした。

十四松も本当は彼女が自殺しようとしたきっかけや素性を早い段階で知っていて、リストバンドを渡し、本当は離れたくないけど彼女の再出発を願っていた、とかなら良いなぁと思います。

彼女側からしてみれば恋人というより命の恩人みたいなところじゃないかと。

変にギャグでオチがついたりしていない、綺麗な話でした。

EDは十四松のTypeB。こんな話の後に「一生懸命頑張りまっす!」なんて言われてしまうと、そりゃ効きますよ。

 

 

第10話「イヤミとチビ太のレンタル彼女」

アバンはおそ松とカラ松の釣り堀での会話。カラ松、これまでイタいという言葉の意味を分かっていなかった模様。

10話はAB合わせて1話です。前回綺麗な恋愛物で終わったのにそんな内容!? と思いましたが完全ギャグ回で色々なものは杞憂で終わりました。

行水中にレンタル彼女なるものの存在を知ったイヤミがチビ太と結託してレンタル彼女を始めるもののなかなか客がつかず、デカパンの薬で完全に女になって6つ子をはめるという話。

今回はイヤミとチビ太がメインなのですが、6つ子全員まんべんなく登場していました。

カラ松のサングラスが割れた時の一松の「いいぞ……」はどういう意図なんでしょうか。

更にチョロ松にだけ旅行を提案するおそ松もどんな意図なんでしょうね。しかも旅行先が熱海。

全員で薬をのむ前のイヤミとチビ太に罵声を浴びせる場面が好きです。

女の子が絡むとチョロ松だけでなく全員ポンコツになるのが判明。十四松は真面目過ぎる。

イヤミ=イヤ代とチビ太=チビ美に身ぐるみ剥がされたと言っていいほど搾取されるものの、6つ子全員でお金を稼いででもレンタルしに来るのは感動しました。

工事現場、漁船の他に「見せられないよ!」的なものがありましたが、アタッシュケースを開けた時はとうとう臓器を売ったのかと思いましたよ。

(他所で見た考察に、チョロ松は本当に内臓を売ったのではとあり、非常に納得しました……)

しかし一番好きなのは、二人の正体がバレてからお仕置きで檻に閉じ込められたところでの一松の脅しシーン。「いいから拇印だァ!」の声がかっこ良すぎました。

今回のEDはトド松のTypeB。「連絡先6つゲット」はさすがです。他の兄をさらっとババ呼ばわりしてますがきちんとフォローもしていました。

 

 

 

次回は「クリスマスのおそ松さん」。3話のハロウィンネタに続いて時事ネタです。

おそらく次で一松のTypeA、1クール目のラストがおそ松のTypeBになるのではないかと思います。

ドラマCDの告知も出ました。さすがに全部揃えるのは無理ですが、好きな組み合わせである「オカマバー」と「弁護士」は購入を検討したいです。

12話放送後には1クールのまとめ感想を書く予定です。