読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無量一読

わりとなんでも読む読書中心の感想ブログ。

おそ松さん(1〜3話)

おそ松さん

 

おそ松さん 第一松 [Blu-ray]

おそ松さん 第一松 [Blu-ray]

 

 

 

放送直後からあらゆる意味で物議を醸し、第1話に至ってはBlu-rayとDVD未収録&動画配信サイトで配信停止のお知らせが出るなど、話題に事欠かない「おそ松さん」。

毎週録画して楽しみながら見ています。

4〜6話は第6話放送後にまとめて感想を書くとして、その後はまだ決めていないのですが、今回は伝説化した第1話と、1巻に収録される2〜3話の感想をまとめたいと思います。

 

ちなみに、6つ子は上から順に、おそ松(バカ)、カラ松(イタイ)、チョロ松(つっこみ役)、一松(ひくつ)、十四松(明るい狂人)、トド松(甘え上手)。カッコ内は第二弾PVより。

「おそ松くん」の時が小学5年生(10歳)でそれから十数年経っているということなので、23〜25歳くらいかなぁと思いながら見ています。

私は今後もあまりぶれなさそうな長男おそ松が好きです。

 

では1話から順に、感想を。

 

 

 

 

 

第1話「復活!おそ松くん」

2015年も終わりに近づいてきたというのに、映像は白黒、なぜかブツブツ音がする出だし、急にカラーになったかと思えばアイドル路線のアニメが始まり、新旧問わず有名アニメのパロディが大量に盛り込まれて迷走した末昭和アニメに戻るという、壮絶な1話です。

オープニングテーマは開始19分後に流れ、それから2分足らずでエンディングテーマが流れるというこれまでにない構成。

6つ子の中で唯一の常識人であるチョロ松だけセリフがやたら多いです。

これだけ大量のパロディが盛り込まれているものの、一番好きな場面はどこかと考えてみると、おそ松とトド松の「赤塚先生、怒ってないかなぁ……」「平気だよ、だいぶ前に死んだから」のやり取り。

「おそ松くん」の方を見ても誰が誰だか見分けはつかないし、キャラクター紹介の回としてはよく出来ていたと思うのですが、確かにやりすぎな内容ではあったかなと思います。

しかし1話が無くなるとなると、まともに喋る十四松がもうエンディングテーマ以外では見られなくなるのかと非常に残念です。

 

 

第2話「就職しよう」「おそ松の憂鬱」

全員無職の6つ子が職安に行って仕事を探すも見つからず、イヤミの紹介で向かった先はブラック工場、過酷な環境でダヨーンらしきものを作る「就職しよう」と、弟達にかまってもらいたいおそ松が茶々を入れまくる「おそ松の憂鬱」。

アバンでは釣り堀にいるカラ松とトド松の前にチョロ松と十四松が現れ、デリバリーコント「本当は怖いイソップ物語」を披露。

ここで登場するひじりさわしょうのすけは後々登場します。

1話見た直後に2話を見たので、ドブ川を全力で泳いだりする十四松の狂人ぶりには驚いたものです……6つ子は全員ほどほどに狂っているのですが、全員方向性が違うんですよね。

「就職しよう」は「社畜のみなさぁ〜ん」「ぞわ…ぞわ…」間接ケツなど笑いどころが盛りだくさん。

「おそ松の憂鬱」では一人で六人分演じきれるおそ松の器用さに驚きました。プロの声優はやっぱりすごい。

 

 

第3話「こぼれ話集」

まだ放送から3回目なのにショートショート集です。

「OSO(修正前はOAW)」はホラー映画のパロディなのですが、6つ子が間違えられまくりでまったく怖くないです。カラ松は元演劇部。

「パチンコ警察」「10月31日」「寝かせてください」はショートショートらしいエピソードでした。

「寝かせてください」はチョロ松が他の5人に妨害されて眠れないというだけの内容ですが、布団の外に出されたおそ松がチョロ松に飛びかかる場面は大笑いしました。一松と十四松のプロレスシーンもなかなか。

キラキラネームの番組に「全然いいよ」と言うあたりに現代感がありました。

修正版では修正されまくって何のパロディか分からなくなっていた「ほれいけ! DEKAPAN-MAN」は品がなさすぎていくら深夜でもびっくり。

しかしそれ以上に下品だったのが、最後の「銭湯クイズ」。

回答者チョロ松、司会はおそ松で、湯船の中の×××について回答する内容。

これほどにまで×××と連呼するアニメは他にないと思います。ちなみにアニメ本編はピーー音も入っていません。

銭湯クイズをやっているのが23〜25歳くらいの成人男性だと思うと、既にやばい感じしかしません。

今のところ本編で一番好きなのが第3回です。同じような構成でこぼれ話集2がどこかであると良いのですが。

 

 

 

なお、第1話は各動画配信サイトで11月12日まで見られるそうです。

オリジナルアニメーションの内容も気になるし、デカパンマンとOSOは仕方ないにしても、銭湯クイズに修正が一切入っていなかったらDVDの購入を考えたいところです。

次回(第6話)放送後にまた感想を書きたいと思います。