読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無量一読

わりとなんでも読む読書中心の感想ブログ。

紅霞後宮物語

ライトノベル

 

紅霞後宮物語 (富士見L文庫)

紅霞後宮物語 (富士見L文庫)

 

 

 

中華後宮もので主人公は女性、といえば少女向けラノベによくありそうな話のように思いますが、恋愛色一切なしです。

主人公は33歳。この世界観で33歳というと相当高齢のような気がします。

小玉が終始あっけらかんとしていて面白かったです。

 

元は軍人の小玉は、現皇帝でありかつては相棒でもあった文林の頼みで後宮入りし、着々と出世して皇后に。

それをよく思わない妃嬪などが後宮には大勢いるわけですが、嫌がらせを嫌がらせとも思わずすり抜けていくストーリー。

ジャケットからごつい話だと思っていたのですが、存外軽い話でした。

貧しい農民出身の小玉が実力だけで将軍にまで出世したというだけでもすごいのに、その後は皇后ですから珍妙な経歴です。

最初はなんだか散らばった話のように感じていたものの、最後は小玉の軍人らしい一面が見られてよかったです。

ただやっぱりもう少し詳しく読みたかったと思う点も多々あり、惜しい気もします。

小玉については結構書かれているのですが、文林は結局のどころどういう人間なのかよく分かりませんでした。

最近発売した2巻は1巻の補完ではなく続編とのことですが、やっぱりそちらもWEB版を読まないと理解できないところがありそうなので、少し悩みます。