読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無量一読

わりとなんでも読む読書中心の感想ブログ。

ちょっと今から仕事やめてくる

小説

 

 

 

度々平積みになっているのを見かけて気になってはいたものの、働いていない自分が読んでも良いものなのかしら……と何となくスルーしてきた作品。

しかしちょっと開いて最初を読んでみると、面白そうな話じゃありませんか。

働く前の隆のような心境でないかどうか、考えながら読みました。

 

 

青山隆はサービス残業は当たり前のブラック企業で働く新入社員(勤務開始から半年目)。

ふいに線路に飛び込もうとしたところを、謎の男「ヤマモト」に助けられ、ヤマモトと交流するうちに元気になっていくものの、そのヤマモトらしき人物は亡くなっていて……という内容。

セリフが多めで読みやすいです。人によっては軽すぎると思うかもしれません。

ジャケットもイラストもシンプルですが、内容はもっと単純です。

隆を陥れた犯人が判明するところといい、タイトルとおり仕事やめるところといいスカッとしますね。

2ちゃんねるのまとめを読んで感じるのと似たスカッです。

暗い話かとおもいきや徹頭徹尾明るいさわやかな話です。

十一月二十一日の最後のセリフはジーンとしました。ヤマモトしかり、こういうことって勇気がないと出来ないことだと思います。

悩んでいる対象が会社でなくても、たとえば学校とかでも読んですっきりする話だと思います。

これを読むと小説だからとて難しくある必要はないよなと思います。