読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無量一読

わりとなんでも読む読書中心の感想ブログ。

斜陽

日本の文学

 

斜陽 他1篇 (岩波文庫)

斜陽 他1篇 (岩波文庫)

 

 

タイトルは頻繁に聞くものの、実は読んだことがありませんでした。

この1冊には「斜陽」と「おさん」が収録されています。

これを高校時代に読んでもあまり良さは分からなかったと思うので、今読んで良かったと思います。

 

「斜陽」は昭和22年の作品で、戦後まもない時期に父親をなくし、華族ではなくなって没落していく一家を描いた作品です。

娘かず子の目線で語られ、品格は決して衰えない「日本で最後の貴婦人」の母、戦中に行方不明になっていたものの生き延びていて阿片中毒になった直治、小説家の上原が登場します。

母親はもちろんのことかず子も浮世離れしている風があって、それがまるで「永遠のお嬢様」みたいな雰囲気なので子ども流産していたり離婚していたりという情報が出てきた時はびっくりしました。

男二人は好きになれず共感もできない性格なので、直治の遺書も何となく冷めたような目で見てしまいました。

上原の子を身ごもったかず子は、子どもを育てることで革命をしようとしています。成功するかどうかは、分かりません。

私自身が貴族の精神について理解できるところはありませんし、恋愛と革命に生きるのはちょっと難しくて、共感できるようなところはなかったです。

ただ「没落しかけた元華族一家」というシチュエーションを別のものにすれば、今の時代でもこの作品のような心づもりになることは十分可能だなとも思います。

日が傾いた後やって来るのは夜ですが、かず子はどうやって乗り越えていくのでしょうか。

またその後の「おさん」を読むと、ぎりぎり淵を歩いていたところを軽く後ろから背中を押されるようで、何とも言えない読後感になりました。